×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

チェリ撲2>お茶フェチの挑戦>第1回

お茶フェチの挑戦
第1回 #04-04-02 カップヌードル×緑茶



さて、いよいよ始まりました。「お茶フェチの挑戦」


記念すべき最初のタイトルは、 「カップヌードル×緑茶」です。








今回は、タイトルが全てを物語っていますが…。


一応説明しますと、 カップヌードルのお湯の代わりに緑茶を入れる。


ただ、それだけ。



















それでは実験開始!



















+++ Step 1 準備 +++



まず、準備するモノをご覧あれ。


準備するモノ


ひどく簡単ですね。


一応左から順に。 カップヌードル、 緑茶の葉、 きゅうすです。


伊右衛門のオマケは、画像だと1ヶですが、実際には2ヶ使いました。


あとは、沸かしたてのお湯があればOK!


なんだかひどく罪悪感がするが、もう引くまい!



















+++ Step 2 調理 +++



調理といっても、カップラーメンに調理もヘチマも。


ただ、今回は緑茶を使用するので普段より若干手間がかかります。


まぁ、ほとんどかかりませんが。



お湯を沸かしたてのヤカンから、きゅうすにお湯を入れます。


少しあっためたら、一度お湯を捨てます。


んで、きゅうすに伊右衛門のお茶の葉を2袋投入。


そして、再びお湯を入れます。



伊右衛門の袋には、1分ほど待てとありましたが…


今回は、あんまり濃いとマズーな事を考慮し、薄めに、40秒前後待機!


あぁ、罪悪感が!罪悪感が!


そして、カップラーメンにお湯を投入!!!


もう引けまい!と一人で騒ぐ。


あぁぁぁ緑色の液体が(薄めとはいえ…。)カップラーメンに…。





きゅうす一杯分入れても若干足りなかったので、そこはお湯で。



















+++ Step 3 待機 +++



カップラーメンたるもの、「待機」というセッションははずせません。


はずしたらはずしたで、げろまずなブツを食すハメになるだけですから。


それにしても、今回の「3分間」は心なしか長かった気が…。



















+++ Step 4 試食 +++



3分経ったので、フタを空け、ハシでかきまぜる。


ビミョー


微妙すぎる色。


まず、においをかぐ。


………。


これといった、大きな変化はない。


すさまじく緑茶なにおいがすると予想したのだが…



日清のカップヌードルは、香辛料とか、そういうのが多いみたいです。


その為、緑茶の香りは、さっぱりしませんでした…。



それでは、いよいよ食す!


ズズ〜〜〜〜〜〜〜〜…



………。


普通……。



ハッキリ言って、普段のヌードルと大きな違いは無かった模様…。


薄く淹れたから悪かったのでしょうか?


濃く淹れてもこんなもんなんでしょうか?


それとも、私の舌が肥えていないのでしょうか?



よく、わかりません…。



なんだかつまらない結果が出て、淡々とヌードルを食す私がいました。


これじゃネタにもならんがな…。



そして、スープを飲む。



( ゚д゚)



………………。



スープを、もう一度飲む。



?(゚Д゚)?



そう。麺と具こそこれといった味の違いがないものの


さすがに、本来緑茶であるスープはなんだか電波な味がした。



「な…なななななんだこれはッ!」



「奇妙…なんて奇妙な味なんだッ!」



そう、何度も叫んだ。



元来、さっぱりした味である緑茶が、ヌードルの香辛料うんぬんと混ざり合い…


それはそれは、今まで一度も味わったことの無い不思議な、電波な味がした。



結論を申しますと、美味でも不味くもない。


とにかく、 奇妙…何か奇妙!


今までに味わった事の無い味です…食えなくはないです。でもそんなに食いたくないです。


とにもかくにも、不思議な味を味わい、不思議な感覚に陥りました。



















+++ Step 5 まとめ +++



今回のまとめをしますと…。


麺:大きな変化なし

具:大きな変化なし

スープ:激しく不思議な変化


もう、「もっと不思議なダンジョン」並みの変貌を遂げました。スープは。



麺と具にも、大きな変化があったらなぁ…。



















「カップラーメン×緑茶」

★★★★★★☆☆☆☆

そんなにやる価値なし。