×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

チェリ撲2>お茶フェチの挑戦>第5回

お茶フェチの挑戦
第5回 #05-07-11 緑茶ヤクルト



かなり久々の、お茶フェチの挑戦です。


今回はハナさんよりリクエストを頂きました。ありがd。


今回のタイトルは緑茶ヤクルトです。


前回に引き続きタイトルが全て物語っています。






















それでは実験開始!



















+++ Step 1 準備 +++


準備するものは、この2つ。


準備

ヤクルト、緑茶。以上。


今日は暑かったので、冷えひえで飲めるよう氷も用意してみました。


緑茶は個人的The King Of Bottle GreenTeaのお〜いお茶。


ヤクルトは近所のスーパーで150円で3本。こんな値段だったのか…。



















+++ Step 2 調理 +++


これを作るに当たって、「緑茶とヤクルトの割合」というものが大事になりそうだと感づく。


よって、ひとまず1:1で作成。


1:1の割合でコップに入れ、はしでかき混ぜる。



















+++ Step 3 試飲 +++


まぜたら、以前どこかで見たようなものが出来ました。







バナナ?







(また)バナナジュース!?







これまた微妙な色です。


前回の緑茶カルピスとほぼ同等の色です。


まぁ確かにカルピスもヤクルトもどこか近しいものがあるような気はしますが…。








とりあえず、一口。














………。














これヤクルトそのものだ。









ヤクルトは味そのものがとても濃く強いため、半々で割ったぐらいではヤクルトの味しかしませんでした。


どことなく変な味はしますが、ほぼヤクルトそのもの。


正直、なんともならない…。



















+++ Step 2' 再調理 +++


1:1ではヤクルトの味でしかない。そうなると緑茶の割合を上げるしかない。


よって、今度は1:2で作成。


ヤクルト1/2に対し緑茶1の割合でコップに入れ、はしでかき混ぜる。



















+++ Step 3' 再試飲 +++


そうしたら、今度はこんなのができました。


またバナナ


ほとんど変わってませんね。


とにかく、一口。














………。














ま  ず  い









緑茶の割合が増え、ヤクルトの味が薄まったのですが、だからなんだといった感じ。


味としては1:1の方が格段良いです。ヤクルトそのものですから。


味をたとえたい所ですが言語を用いて表現できない味です。



















+++ Step 2'' 再々調理 +++


1:2ではまずい。しかしヤクルトが中途半端に残ってしまった。


すると今度は1:4で試したくなるのが人の性。


ヤクルト1/2に対し緑茶2の割合でコップに以下同じ。



















+++ Step 3'' 再々試飲 +++


※こしかはこれを飲んで鬱になったので以下文章はありません。









banana









drink









orz



















+++ Step 4 まとめ +++


それぞれそのまま飲め。


緑茶の割合が増えれば増えるほど猛毒。



















「緑茶ヤクルト」

★★☆☆☆☆☆☆☆☆

The Drink That Made In South Of Heaven